カードローンを比較検討!審査が甘い、即日融資などのお勧めカードローンを紹介
消費者金融の選び方

審査が甘いといっても無条件に融資されるという意味ではありません。
審査が甘いとされている消費者金融では、貸付額を少なくすることで審査を甘いものにしている場合が多いようです。
少なければ万が一貸倒れとなっても損害額も少なくていいからです。

審査が甘い消費者金融の特徴
  • 貸付額が少ない
  • 広告などに「他社借入れがあっても融資可」とある会社
  • 大手、銀行系でない

信用情報機関に延滞情報が記録されている方や、延滞が継続している方はいくら審査が甘いといっても借入れは困難です。
消費者金融で数社審査して借入れの見込みが無い場合は、借入れ以外の資金調達を検討されたほうが賢明です。
それ以上に審査が甘いところから借りるとなると、ヤミ金などの非合法な業者や融資手数料詐欺の被害に遭う可能性も高くなるからです。

信用できる消費者金融の見分け方
消費者金融といってもCMなどが多く流れている大手から小規模な業者まで幅広くあります。ときには悪徳な業者もいますので、特に会社名も聞いたことがないような会社の場合、「信用」を見分けることが必要になってきます。
東京都知事(○)○○○‥号、財務局長(○)○○○‥号の記述
広告の隅に東京都知事(○)○○○‥号や財務局長(○)○○○‥号の記述を見つけることができます。
消費者金融を規制する法律に貸金業法がありますが、この法は悪徳業者を排除するのが大きな目的の一つです。
同法により貸金業者は、各都道府県知事や財務局長などから、登録を受ける義務があります。この東京都知事(○)○○○‥号や財務局長(○)○○○‥号は登録の証となるものです。
また、この登録は、3年ごとに更新しなければなりません。最初の(○)は更新回数を示しています。
JCFAの登録
JCFAとは日本消費者金融協会のことで、業界の組織化や情報交換、普及、啓蒙などを行っています。会員になっていれば所定の入会基準をクリアしたことになり、安心して借りられます。JCFAのマークが会社の壁や自動ドアに張ってあったりします。
また、最近『JCFA(日本消費者金融協会)の会員、登録店を詐称する業者』が、出て来ていますので注意しましょう。
▶詳しくはこちら
消費者金融には残念ながら非常に悪質な業者がいます。弱みにつけこまれないようよくよく注意しましょう。
注意したほうがいい例
「借金一本化」などと勧誘
広告で「借金をまとめませんか」や「借金一本化」などといったのを見かけます。俗に言う整理屋というもので一本化のための融資は行わず、保証料や手数料の名目で金銭を要求してくる可能性がありますので注意してください。
誇大広告
「ブラックリスト可」「多重債務者可」「他社で断られた方歓迎」「固定金利1%」など誇大広告で勧誘する業者がいます。他社を紹介をするといったり、いわゆる「トイチ」「トサン」であることが多いようです。
カードで商品を買わせる
いわゆる買取屋というものでクレジットカードで商品を買わせ、一時金を渡した上、後日残金を精算するというが、振り込まず、連絡が取れなくなってしまいます。
他社を紹介する
いわゆる紹介屋というもので審査などをした後、貸せないことを告げます。その後、多額な紹介料をとります。紹介先は借りられるかどうかは分かりません。
多額の保証金を要求
融資をほのめかし多額の保証金を要求するが、その後いっこうに融資を行わず連絡が取れなくなってしまうものです。
貸金業法での規制事項

消費者金融の取立ては、自殺者も多く出て、社会問題にもなるなど以前は非常に怖いものでした。
貸金業法が改定され改善への規制がいくつか作られました。

貸金業法で規制されているのは次の通りです。

暴力的行為
相手に触れてはなりません。また、脅迫めいた声を出すことも禁止されています。
本人以外への請求
請求できるのは本人、保証人のみです。
督促の時間
督促の時間は8時から21時までです。
連絡回数
連絡回数は訪問で一日一回、電話連絡で3回までです。
集金時の長期滞在の禁止
滞在は1時間までと決まっています

他にも取立てについてのルールが厳しく決まっています。

「トイチ」などの言葉を聞いたことがありますでしょうか。業者の多くは「都(1)~」という登録後3年未満の登録番号を持つ登録業者であることから、「トイチ金融」と呼ばれます。
また「10日で1割」の利息を取ることから「トイチ」と呼ばれることもあります。

自己破産した人や多重債務者、ブラックリストに載っていて融資が受けられない人にお金を貸し出します。証書などはなく、比較的手軽に借りられます。しかし、電話番号や勤務先はもちろん、配偶者の実家や親兄弟の連絡先まで教えるよう言われることもあります。

10日で1割などは当然違法です。広告などでは、普通の利率を装っていても、来社を求められて行くと、話が進むうちに、「トイチ」または10日で3割の「トサン」などを勧められることがあります。広告などではほとんどが合法を装っているようです。「多重債務者可」や「ブラックリストに載っている人も可」などが書かれていると、話が進むうちに「トイチ」「トサン」を勧められることがあります。

契約はだいたい期限までに借りた分を返すというものですが、この期限を超えて払えなくなくなってしまうととんでもないことになります。ヤミ金融業者は深夜、または職場でのすさまじい取り立てをしてきます。また返済が遅れると、脅迫まがいの電話が配偶者や家族にかかってきます。

そうなる前にとにかく違法だということを頭に入れヤミ金融では絶対に借りてはなりません。

自己破産とは?
自己破産とは多重債務者が自分で裁判所の申し立てをすることをいいます。任意整理ができない場合などに、再出発の機会を与えようという最後の手段といえます。
破産申し立て
自己の財産、収入、債務の具体的な内容を明らかにした破産申立書を債務者の住所地の地方裁判所に申し出ます。
破産の審尋
申し立てから1、2カ月後、裁判所から呼び出しがあり、口頭での質問があります。
破産宣告
破産の審尋の結果、破産と認められると、破産宣告がされ、手続きは終了です。破産者の資産があれば、売却するなどして、債権者で分割します。
免責申し立て
破産宣告だけでは債務者の債務はなくならないので免責申し立てをします。

Warning: file_get_contents(http://admin.lifestyle777.com/link_ad/shuffle.cgi?en=u&file=1&s=ok&j=ok) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/2/chicappa.jp-virtualgate/web/virtualgate.jp/ep3.html on line 135
カードローン
copyright(c) Life style.All Rights