カードローンを比較検討!審査が甘い、即日融資などのお勧めカードローンを紹介
返済の用語集
■ボーナス併用払い
毎月のローン支払いに加え、年2回のボーナスで返済することです。
会社員の場合、ボーナスを有効に使えば、毎月の負担を抑えることができます。ただ、ボーナスは企業の業績などに大きく左右されますので、あまり頼り過ぎないようにしましょう。
■遅延損害金
ローン返済が滞った際に、債務者が残高に対し請求してくる設定した金利よりも高い利息のことです。
法律により上限が設けられています。
■分割払い
クレジットカードなどで、商品の支払い方法を分ける支払いのことです。
一般にカード決済を済ませる時に相手方に告げることで、引き落としを調整します。
■任意整理
裁判所が介入せずに債権者と債務者が話し合って整理を行う方法です。
交渉がしにくい場合は弁護士に依頼して手続きを進めていくことも
■自己破産
裁判所に破産の申し立てをして債務を免除にする破産方法です。
裁判所から支払い能力不能であると認定し、破産宣告を受ける必要があります。
■信用供与残高
クレジットなどの代金回収をした後に残った信用供与額の残高のことです。
つまり、未回収部分の信用供与額のことです。
■オートコール
延滞状況などを機械で自動に知らせる督促システムです。
代金の延滞が生じると返済してもらえるまで督促を行い、債権を管理します。
■途上与信
返済能力や期日管理などを契約時だけでなく、契約後も常に利用者の状況をチェックすることです。
常に利用者の状況を把握することは、大きなメリットがあり、例えば利用者の給料日が変われば返済日も変えたほうがその分延滞などの発生を防ぐことができます。
■督促
債権者が債務者に対して遅延が生じた返済額の返済を求めることです。
文書や電話などで口座へ入金することなどを要求します。
■ステップ返済
ローン開始後の一定期間、毎月の返済額を減らし、期間後に返済額を増やすローン返済法のことです。
ステップ返済ができた背景にはローン契約の際の収入基準をクリアするため低所得者でも借りられるようにするという狙いが大きいようです。
ステップ返済では収入の増加を期待するものでありますが、慎重な計画が求められます。
■元利均等返済
毎月均等割りした元金に利息を足して毎回のローン返済額が一定額となるよう計算した返済方法です。
元金均等返済と比べ毎月の返済額が一緒なため計画が立てやすい反面、総額が多くなってしまうというデメリットがあります。
■元金均等返済
元金を毎月一定に払い、残高に応じた金利分を支払っていく返済方法です。
元利均等返済に比べ、総返済額が少なくて済みますが、前半の返済額が多いため、現在の収入が少ない人には向かないようです。

Warning: file_get_contents(http://admin.lifestyle777.com/link_ad/shuffle.cgi?en=u&file=1&s=ok&j=ok) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/2/chicappa.jp-virtualgate/web/virtualgate.jp/ep10.html on line 95
カードローン
copyright(c) Life style.All Rights