カードローンを比較検討!審査が甘い、即日融資などのお勧めカードローンを紹介
消費者金融とは?

消費者金融とは主に個人に対して、無担保でスピーディーに融資を行う金融機関です。

同じ金融機関には、銀行、信販会社などがありますが、これらの機関とは異なる法律のもと運営されていて、こうした金融機関にはない、消費者金融ならではの特徴があります。

融資条件
融資条件は各金融機関によって異なりますが、基本的には、定期的収入があれば、アルバイト、学生、自営業者など誰でも利用可能です。
キャッシングの種類
  • 低金利のキャッシング
  • 利用限度額の高いキャッシング
  • 審査の早いキャッシング
  • 学生専用のキャッシング
  • 女性専用のキャッシング
  • 短期間無利息のキャッシング
などが登場し、自分に合ったキャッシングを選ぶことができます。

より手軽に安心して融資が受けられることから、非常に多くの人に利用されています。「借りやすい」反面、注意もより必要になってきます。

消費者金融の特徴
消費者金融はここ数年で飛躍的に成長を遂げた産業です。その消費者金融の特徴をご紹介します。
即時審査
申し込みからカード発行まで約30分で完了することができます。
インターネットや電話での申し込み
多くの消費者金融が、インターネットでや電話での申し込みを受け付けています。
リボルビング方式
利用限度額内であれば、借りたお金を完済していなくても、自由に借りることができます。
日割り計算の利息
クレジットカードによるキャッシングなどでは、利息は実質的にひと月単位となりますが、消費者金融では、日割り計算となり、一日でも早く返済すればそれだけ得をします。
簡単な審査
定期的な収入さえあれば、アルバイトやパートの人でも借りることができます。
無担保無保証
担保や保証人は要りません。証明書のみで借りることができます。
受付方法
消費者金融の受付方法は
  • インターネット
  • 電話
  • 無人契約機
  • 郵送
  • 店頭窓口
などです。
必要書類は健康保険証または運転免許証など、本人を特定できるものです。インターネットなどでの契約の際はFAXで身分証を送信したりします。
審査方法
審査は約30分と他のローンと比べ極めて短時間で終わります。
契約方法
審査を通過すれば、連絡が入り、すぐに利用できます。
自動契約機で受け付けた場合、すぐにカードが発行され、すぐに融資が受けられます。
自動契約機
自動契約機は消費者金融の一つの特徴です。
1993年、アコムが無人契約機の開発に成功し、東京、福岡で「むじんくん」ブースを設置したのが始まりで現在では全国約1万台が利用できるようになっています。
メリットとして
  • 消費者金融側にとっては経費削減になる
  • 利用者にとっては対面与信に抵抗のあった人に借りやすい
といったことが挙げられます。
現在、各社が無人契約機を設置しており、
武富士の「¥むすび」
レイクの「ひとりででき太」
プロミスの「いらっしゃいましーん」
アイフルの「お自動さん」
アイクの「ACM」
などがあります。最近では自動契約機自体が定着してきているため、自動契約機の名称を表面に出さない会社も増えています。
機能としては、免許証などの必要書類もしっかりと確認できるほか、無人であってもモニターから利用者の様子などが窺え、客観的にしぐさや雰囲気などを審査することもできます。
返済方法
毎月の返済は?
消費者金融は、リボルビング方式の返済方法で借りたお金を毎月1度づつ返済します。
最低返済額については、借り入れ残高に応じて消費者金融会社があらかじめ決めています。
最低返済額さえ返せば、月によって返済額がばらばらでもよく、余裕がある月は多めに返す、余裕がない月は最低返済額だけ返す、といったようにマイペースで返済ができるのが魅力です。
返済手段は?
返済手段は
  • 自動契約機
  • 銀行口座からの引き落とし
  • 店舗
  • 指定口座への振りこみ
  • コンビニからの支払い
などを選べます。
返済日は?
消費者金融では月に一回の返済について、毎月決まった日を自分で設定するというのが一般的です。
多くが給料日に合わせて返済日を決めるようです。
審査が簡単であったり、利用限度額内であれば、自由に借りることができたりして「借りやすい」反面、利息は他のローンに比べ割高になっているのが特徴です。
利息について
また、消費者金融では利息は「日割り計算」を原則としています。
利息の計算式は(借入金)×(年利息)÷365×(借り入れ日数)=利息金
となります。

例えば、利息が29.2%で10万円を40日間借りたとすれば、利息は10万円×0.292÷365×40日間=3,200円となります。

日割り計算のため、早く返せば返すほどお得となってきます。借りた当日に返せば利息は一切かかりません。資金繰りをよく考えていきましょう。

利息には

利息制限法で元金により変わりますが、年15~20%
出資法で、年29.2%
という上限金利があります。たいていの消費者金融では、20~29.2%の利率です。出資法では大丈夫ですが利息制限法では法律違反となります。なぜこのような事態がまかり通っているのかというと、貸主と借主で合意すれば、利息制限法を超えてもいいことになっていて、賃借契約をしたときすでに合意した状態になっているために高い金利が取られるわけです。

つまり、消費者金融では、貸金業規制法のみなし弁済規定があるから利息制限法以上でも大丈夫となります。
適用されるためには次の条件が必要です。

  • 金銭消費貸借の利息契約に基づく支払いであること
  • 自己の意思に基づいた任意の支払いであること
  • 契約書を債務者に渡していること
  • 受け取り証書を債務者に交付していること
  • 債務者が明らかに利息として支払った場合であること

これらの条件を満たしていれば利息制限法の最高金利以上の利息でも許されます。ただ現状では罰則規定のある出資法の規制があるため、消費者金融ではヤミ金融を除いて出資法の最高利息以内にしています。


Warning: file_get_contents(http://admin.lifestyle777.com/link_ad/shuffle.cgi?en=u&file=1&s=ok&j=ok) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/2/chicappa.jp-virtualgate/web/virtualgate.jp/ep1.html on line 154
カードローン
copyright(c) Life style.All Rights